キッチンの使い方を分析しましょう

膝の入る流し台には、いくつかの使い方があります。

流し台に直接正面から向かい利用する。肘から上を流し台に乗せて、作業できる場合にはそのままでよいでしょう。個人的に高さを調整し、固定できる場合は問題ないと思います。

多人数の共同利用や、高さの固定が困難な場合や、もっと体重を乗せて調理する必要がある場合には、膝上まで、材料と器具を持ってくる必要があります。流し台の膝の入る部分には、ワゴン式テーブルを入れます。引き出して、ワゴンの下に足を通して腹部の下にテーブル部分をあてれば、かなり体重をかけて調理できますし、ある程度の材料と器具は置けます。流し台下の開口部に余裕があれば、器具や材料も入ったワゴンを入れて、自分の周りにそれらを配置して利用すれば、座った状態で動きは最小限度にできます。

●また、車椅子で調理する場合の移動方法を考えましょう。車椅子を移動するためのハンドリムの操作は衛生的に最小限度にする必要がありますので、流し台の周り、コンロ台の壁など、場合によって調理動作の周りの家具に手すりを縦・横に取り付ける(取り付けられる)ように改造します。そこに取り付けた手すりを衛生的に保つことで、ハンドリムを調理の動作のたびに、除菌することは最小で済むと思います。新築の場合は下地を工夫しておけば良いし、家具レイアウトも、それを前提とするか、変更可能として、移動距離が最低限で済むようにします。

調理時の身体的・精神的負担を軽くし、調理の時間を楽しみましょう。そのためには、以下のことにも注意が必要です。

電気既製品(冷凍・冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、湯沸しポット、オープントースター、食洗機など)の配置および電源位置を考えましょう。延長コードの引き回しは、つまずき事故やコード劣化などによる火災の原因にもなりやすく、十分配慮が必要です。(レイアウトは住人で決め、電気技術者による設計をお勧めします。)

●レンジフード、換気扇、照明のスイッチの位置は、腰掛けて肩の高さ以内(できれば肘掛け状態で、手の平の範囲)で手が届く配置にします。特にレンジフードの買い換え時には、強制吸排気式で壁スイッチの選択ができる機種を選びましょう。今までの経験上、発注後での変更は困難です。強制吸排気式にするのは、今後、建物自体の断熱性能とともに、気密性も高められるからです。ガス燃焼時の新鮮空気は十分に供給されなければ、一酸化炭素中毒を招きます。現在新築住宅には、24時間換気が義務付けられていますが、その供給量では間に合いません。

余談ですが、ヒートショック等に利用される暖房器具も電気式をお勧めします。特に断熱・気密改修後の住まいでは、外部への強制吸排気のない石油暖房器具、ガス暖房器具は使用しないでください。

●吊り戸棚の開き戸には、耐震ラッチを採用しましょう。私も震度5弱をいくつも経験しましたが、効果てき面でした。落下物の後始末もしなくて済みます。

●家具や大型電気製品は、耐震金具などで固定しましょう。レイアウト変更時には特に重要です。屋内の避難路を確保することにもつながります。やむを得ず延長コードを利用する際には、最近ではプラグのホコリ漏電処理をされたものが出ていますので、使用電気容量の制限とともに確認しましょう。

新・バリアフリー15ヶ条 / 第7条【キッチン】 / 第15条【設備のコントロール】 / 設計提案ポイント4【安心・安全性】 / 電気・設備工事 / バリアフリーリフォーム (静岡県O)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。